注目キーワード
  1. ニキビ
  2. ずぼら
  3. スキンケア

スキンケアは嘘ばかり?正しい方法の見つけ方

スキンケアの情報が多すぎる…そう思いませんか?

スキンケアに馴染みがない僕は始めようと思った時、まずはいろいろ調べることからスタートしました。

ですがここで日々感じることは情報が多いこと、多いこと。

病気の予防という観点から考えたら、西洋医学、東洋医学、民間療法といったことが様々あって当然なんですが…

情報の中にはこれをやらないいけない!みたいな感じで、あおられているような気も否めない。

スキンケアの世界は嘘つきばかりのなのか?

それはさておきしっかり正しい方法を見つけることがスキンケアの近道でもありますし、さらには肌あれの無駄な原因を作るのを防ぐことにもつながります。

ではどういう観点から探してみたり、試したりするのがいいのかを見ていきましょう!

自分が使うものは納得して使おう

結論として正しいスキンケアの方法は自分で試行錯誤していく中で見つけていくものです。

なのでいろいろ試していくのも悪いわけではないとは思います。ですがその過程で肌が荒れたりするのはかなりのダメージです。

こういったことの多くは効果、効能をうのみにしてしまっていることが多いです。つまりは広告に踊らされているということ。

まずは試してみる前に使う理由を納得できるのか、広告に踊らされていないのかしっかり考えて見ましょう。

スキンケアの目的は何なのかを特定する

スキンケアの目的が特定できていないとかなり危険です。

肌の悩みは人それぞれあります。

シミ、しわ、肌荒れ、乾燥、発色、ニキビ、お化粧の乗り、てかり

などおそらくきりがないのではないでしょうか?

多くの人の肌の悩みはひとつでありません。

ニキビで悩んでいても、合わせて乾燥で悩んでいる人もいれば、てかり、脂肌で悩んでいる人も。

そうなると当然ですがスキンケアも一つでは解決できません。

単にきれいな肌を目指すのにもしっかりとしてケアの順番があるということです。

まずは自分自身でしっかりここを確認しましょう。

治療と予防を勘違いしやすい

いざきれいな肌を取り戻す準備が出来たとしてスキンケアを治療だと考えているならそれは間違いです。

スキンケア自体に治療の効果はありません。

化粧品はよく意味がないという人もいますが、化粧品の目的は清潔にすること、美化すること。

肌の表面より上に作用することであって、肌自体に影響があるものではないんです。影響があれば医薬品となるため法律違反です。

保湿ということに関しても肌表面の角質に水分を保持する。つまり内部の乾燥をふせぐことが出来るという二次的な効果です。

化粧水自体が潤いを保つことができるわけではないです。(ちなみに保湿剤の入っていない化粧水の保湿効果は2時間ほどだという研究結果もあります。)

広告に惑わされず悩んでいるなら病院へ

肌を治すなら病院に行くということを前提に考えましょう。スキンケアはその後でも十分間に合います。

予防としてならスキンケアで間違いありませんが、効果を意識しないようにしましょう。あくまで人間のもとからある治癒力を助けてくれるのスキンケアです。

スキンケアを始める人はいままで何かしら肌で問題があったから始めるのだと思います。

なので効果に踊らされないように一度、病院で診察を受けてみるのも一つの方法です。

基礎知識の最新記事8件